上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水選び第2弾

今回はコントレックスを試す



ダメだ
飲み切れない
硬水は自分には合わないのだろうか

あとパッケージがピンク主体なところが男には抵抗あるかも

一時職場の女性が飲んでいて効果があるように見えたので続けたい気持ちはあるが
無理して飲むのは避けたい

そんな結末
スポンサーサイト

職場でも烏龍茶でなく水ダイエットをと
飲みやすい水を探してみることに

水ダイエットには硬水がよいと聞いてはいたけど
まぁ水飲んでおけばいいかなと職場の売店にあるものから

DyDoのミウレモン
(軟水,無果汁レモン)

不味い
軟水だから飲みやすいかなと思って選んだんだが
そもそも味(匂い)がダメ
ボルビックのレモンとかああいったものをイメージしてしまっていたので
余計に印象が悪いのかもしれないが
二度目の購入はないな
すぐに始められて経済的にもさほど負担にならないと思われる水ダイエット
何より職場で男性が行っていても違和感のないダイエットではないだろうか?

食事の置き換え系ダイエットや運動ダイエットとは異なるので
体質改善的なジャンルに分類してよいのかどうかというところだと思うが
水を飲んで体重を落とせるのであればダイエット初期に採用するものとして
水ダイエットは有効なのではないだろうか

食生活を変えずに水を飲むだけの簡単なダイエットという紹介が多い水ダイエット
食事制限なしに体重が減ると書かれたサイトもあるようだけど
それは言い過ぎ何じゃないかなと私は思う。
ただ、水を飲めばその分一時的に腹に溜まるので必然的に食べる量が減るというのと
水ダイエット本来の効果というものの相乗効果が体重減に繋がるのではないかと思う。


では「水ダイエット」とはどんなものなのか
ダイエット方法の説明は至極簡単。1日に2~3リットルの水を飲むというもの。

せっかく食事制限なしのダイエットなのだから絶対2リットルの水を飲まないとダメとか
そういうルールを強いるのもどうかと思うので飲める範囲で飲むというので良いのではないだろうか
ただ、飲みすぎは逆効果というか水中毒で死亡なんてことになっても笑い話にもならないので
アメリカのフードファイトのような一気飲みは効果が無いのでやめて
低ナトリウム血症となって水中毒を引き起こす危険を避けるべきだね。

一日ゆっくり時間をかけて少量を小分けにして飲むと言うのが正しい水ダイエットの方法

ただ、いろいろ調べてみたんだが朝起きたときにまず水を飲むとしているものが多く
ルールなんて作らないという前言をいきなり撤回と言われそうだけどこれくらいはルールとしても良いのかも

自分はルールがないと実行できないという人には

起床後すぐに・・・これは寝ている間にかいた汗で減った水分を補給して潤すため
食前に・・・・・・・・・食べすぎをふせげるかも
お風呂の後に・・・風呂でも汗をかくので
このタイミングでそれぞれ200mlの水を飲むとしたら
寝起き/朝食前/昼食前/夕食前/入浴後となり1リットルクリア。
残りは喉が渇いたときとか空腹を感じた時というのはどうだろうか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。